どうして「蟹取県」

どうして「鳥取県」は「蟹取県」!?
鳥取県はカニの水揚量日本一!

日本全国のカニの約半分が、
鳥取県の漁港で水揚げされています。

他にも…鳥取県は5つのカニ日本一!!

  • カニの消費量日本一!
    古くは1782年に津山藩への贈答品目録として登場するなど、江戸時代から食べられていました。総務省統計局家計調査において、鳥取市はカニの消費量が全国平均消費量の5倍です。また、岩美町の中学校では、給食に一人一尾の松葉がにが登場します。
  • カニにかける想い日本一!
    鳥取県を「蟹取県」へ改名。平成27年の松葉がにの漁期から「とっとり松葉がに」のうち、大きさ・ 品質・型とも最上級の松葉がにをトップブランドとして販売しています。ベテランのセリ人の中から「目利き人」を選び、厳しい目で選別しています。
  • カニの牧場面積日本一!
    活魚水槽を整備した大型底びき網漁船で漁獲しているため、漁獲後すぐに冷却海水に入れ、活きガニのまま販売可能です。
  • 新鮮活ガニ出荷日本一!
    松葉がにの増殖場「かに牧場」は、東京ドーム2,340個分の広さ(11,320ha)があります。

だから「蟹取県」と命名しているのです!


鳥取県で水揚げされるカニ

  • ベニズワイ
    ベニズワイ境漁港での水揚げは全国の6割に達し、日本一。名前のとおり鮮やかな紅色が特徴。漁期は9月~6月。全国の6割を境港で水揚げ。
  • 松葉がに
    松葉がに成長した雄のズワイガニの山陰地方での名称で、鳥取を代表する冬の味覚の王様。漁期は11月上旬から3月中旬。甲羅の黒い粒(カニビル)は、脱皮して十分成長した証。
  • 若松葉がに
    若松葉がに脱皮して間もない雄のズワイガニ。松葉がによりも価格がリーズナブル。漁期は1月中旬から2月。
  • 親がに
    親がに資源保護のため漁期は11月上旬~12月に限定。手ごろな価格で鳥取の家庭で食されている。

厳しい基準をクリアしたトップブランド

特選とっとり松葉がに五輝星(いつきぼし)

  • 甲羅の全長が13.5㎝以上
  • 重さ1.2㎏以上
  • 脚が全て揃っている
  • あざやかな色合い
  • 身がぎっしり詰まっている
世界一高価なカニ!特選とっとり松葉がに五輝星(いつきぼし)

当初、特選とっとり松葉がに五輝星の出現率は1.5%と想定されていたが、実際にはH29漁期は0.01%、H30漁期は0.02%の出現率となっており、その希少性は極めて高いものです。

昨年11月7日の初競りでは、前年の200万円を上回る1枚500万円の高値で落札され、「セリで落札された最も高額なカニ」として世界記録を更新しました。


カニの美味しい食べ方

  • かにすき鍋
    かにすき鍋
  • 焼きがに
    焼きがに
  • 茹でがに
    茹でがに
  • かにみそ
    かにみそ
  • かに汁
    かに汁
  • パエリア
    パエリア