白亜の館に紅一点

鳥取城のふもとに建つ、フレンチ・ルネッサンス様式の白亜の洋館「仁風閣」。
明治40年(1907年)に建てられ、周辺は春は桜、秋は紅葉の名所として全国各地からたくさんの人々が訪れる。宮廷建築の優雅な佇まいと、白い色の象徴性から、挙式会場として、また式の前撮り写真撮影の場としても好評なのです。
みなさまご存知でしたでしょうか?


TOPICS